今までの「社会問題を解決するために良いとされた努力」が、今のカオスを生んでいる

 テレビの討論番組で、知識の豊富さや理論思考に優れたコメンテーターが、つばを飛ばして自論を語る。

 
 彼ら彼女たちは、すでに社会に根深く根づいた価値観やシステムを改善させようとしている。
 価値観やシステムを否定したり、肯定したり、議論に忙しい。
 
 結局、既にある社会の価値観やシステム内でガヤガヤしているだけ。
 
 その様子はたとえるならば、東京の、常に渋滞している車道をいかにスムーズに通行させるかを、会議室の机の上で話し合っているシチュエーションだ。
 
「渋滞を緩和するために車道をもっと整理しよう」
 
「地上の渋滞を避けるため、柱を立てて上を走れる道路を作ろう」
 
「地下にトンネルを掘って、地上の通行量を半分に減らそう」
 
 みんな、一定の善意から意見をいう。
 そして、東京はさらに、混雑した街になってしまう。
 
 従来の価値観に囚われない人はこう思うだろう。
 
 (車を減らせばいいのでは……)
 そうすれば、渋滞は自然と減っていくだろう。
 
 物や、考えを増やし、議論を重ねるほど、事態はこんがらがり、わけがわからなくなる。
 
 もっと、問題をしなやかに解決しよう。
 
 こんまり氏は、「整理術」「捨てる技術」みたいな考え方が飛び交ってた片づけ業界に、『ときめき』という手法で革命を起こした。
 
 片づけはそんなに難しいものではなく、好きな物は残して、好きじゃない物を捨てたら、部屋はひとりでに過ごしやすくなる……こんまり氏はそう説いた。
 
   コミュニケーション界でも同じことが起こりつつある。 
 コミュニケーション力の重視される近ごろは、あの手この手の理屈で上達させようとする本が横行している。
 どんな理屈が飛び交っているか、例を挙げることすらくだらない。
 
 そういう本やセミナーからマジメに学ぼうとすればするほど、当たり前のことを忘れてしまう。
「人との交流は理屈で行うものじゃない」
 そんなこと、誰でもわかっている。
 
 
 『5年間引きこもりだった元カリスマナンパ師に教わった コミュ障改善の本質』で紹介されている、カウンセラー・高石宏輔氏は、コミュニケーション業界におけるこんまり的存在として、これから少しずつ台頭していくだろう。
 
 ややこしい世の中だ。
 色んな問題が起こり、増え続け、絡まり続けるカオスな状況……
 まともに取り合ってたらキリがない。
 
 死角を狙おう。
 情報化社会。乱立するブログ、ニュースサイト、ソーシャルネットサービス。増え続ける思考、概念、批判、誹謗中傷……
 情報の海に、情報を放っても、呑みこまれるだけだ。
 
 こんまりは、「整理術」「捨てる技術」などの【理屈による片づけ】に対して、どんな矢を放ったか。
 
 カオスに右往左往する世の中に必要なのは、恐ろしくシンプルで、矢のように鋭い解決法だ。
 
 
 
 
 それにしても、「車を減らそう」という考えは、エコが推進された今、主流となっている。
 
 地球温暖化や震災などをきっかけに、今までの価値観、社会システムを根本的に見直す運動は、すでに活発化してる。
 
 LGBT問題における同性婚の認可とか
 政治における国会前抗議とか
 
 価値観の変換が起きている。